公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 Yoshida Hideo Memorial Foundation

事業内容



研究広報誌「アド・スタディーズ」発行

Vol.25 Summer 2008(8月25日号)

■特集
広告青春時代
広告青春時代 ―復興と躍進の戦後四半世紀―
岩本 紀子 アド・ミュージアム東京 学芸員
PDFマネジリアル・マーケティングの台頭
―日本企業はそれをいかに受け入れてきたか―
小川 孔輔 法政大学 経済学部 教授
コトバの時代、そしてアートへ
野末 敏明 (株)ホイッスル 常務取締役 
ADFEST(アドフェスト)会長
興隆するマスメディア ―広告メディアの戦後史―
岡崎 昌史 日経広告研究所 主席研究員
■対談 広告研究最前線
私の見た「広告青春時代」
―戦後の広告界の何に注目しているか―
難波 功士 関西大学 社会学部 教授
  ×
亀井 昭宏 早稲田大学商学学術院 教授
PDF■連載〈注目の一冊〉第14回
SEDUCING THE BOYS CLUB
楓 セビル
PDFオムニバス調査分析レポート(3)
生活者のクチコミ経験・行動の実態 2007
齋藤 昭雄 (財)吉田秀雄記念事業財団
事務局次長/リサーチ・コーディネーター
PDF■ADMT COLLECTION vol.25
PR誌
■ADMT REPORT
PDF「アド・ミュージアム東京」から
・「TCC広告賞展2008―TCCショウ08―」
・「ADFEST 2008展」
・「第61回広告電通賞展」
・特別企画「昭和の広告展 [II]」を開催中
・「昭和の広告展 [II]」関連図書紹介
PDF広告図書館
主な新着図書紹介・新着洋書紹介
PDF■平成19年度助成研究サマリー紹介(2)
小野 晃典/楠見 孝/清水 信年/大久保 重孝/近藤 暁夫
PDF■財団インフォメーション
第110回理事会・第103回評議員会開催
日本広告学会 第1回クリエーティブフォーラムに協賛
平成20年度「全広連夏期広告大学」に協賛
東アジア広告研究交流シンポジウムを開催