公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 Yoshida Hideo Memorial Foundation

事業内容



研究広報誌「アド・スタディーズ」発行

Vol.63 Spring 2018(3月25日号)

■特集
学びの未来とミュージアム
PDF対談 今、ミュージアムに期待されるもの
玉村 雅敏 慶應義塾大学総合政策学部教授
×
河野 まゆ子 株式会社JTB 総合研究所主任研究員
PDFおもてなしの気持ちで、丁寧に入り口をつくる
—人を引き込む展示空間の設計
内田 まほろ 日本科学未来館展示企画開発課課長/キュレーター
PDFミュージアムと広告、その“つかみどころのなさ”から学ぶ
竹内 幸絵  同志社大学社会学部教授
PDF「共感・共有のコミュニケーション」が導く「考え方」
岸田 一隆  青山学院大学経済学部教授
PDF社会に開かれた大学博物館とは
—京都精華大学と京都国際マンガミュージアム
山田 奨治 国際日本文化研究センター教授
PDF【特別インタビュー】
知のスペシャリストが語るミュージアム
—好奇心をどう開花させ、継続させるか
布施 英利 美術批評家/解剖学者
PDF【特別寄稿】
広告を学び、愛した日々
—新しいアイデアへと導く「自ら学ぶ楽しみ」とは
岡田 芳郎
PDF【特別寄稿】
テクノロジーとミュージアム
—米国のミュージアム革命
楓 セビル
PDF■連載〈消費パラダイムシフトの現場〉 第30回
家事(イエゴト)を外に出す、共有する
竹之内 祥子
PDF■平成28年度助成研究サマリー紹介(4)
唐沢 穣、笹原 和俊、日置 孝一/織田 由美子/横山 智哉
PDF■アドミュージアム東京 リニューアルオープン
—内覧会 オープニングイベントを開催
PDF■財団インフォメーション
平成30年度研究助成応募状況