公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 Yoshida Hideo Memorial Foundation

お知らせ(財団)



2017/07/01研究助成
『平成28年度助成研究集(要旨)』を発行しました
当財団は、このたび昨年度の助成成果をまとめた
『平成27年度(第49次)助成研究集(要旨)』
を発行しました。
本誌に収載されている研究テーマや研究者は下記のとおりです。

           記

<常勤研究者の部>

●『顧客と共創するブランドコミュニケーション
       〜ブランドアドボケイツの役割について〜』
 青木 慶(大阪女学院大学国際・英語学部准教授)

●『大阪万博の企業パビリオンにおけるテクノロジー表象に関する学際的研究【継続研究】』
 飯田 豊(立命館大学産業社会学部准教授)他2名

●『消費者の価値観とアイデンティティーがもたらす影響
     〜その心理的基礎過程とコミュニケーション機能の解明〜【継続研究】』
 唐沢 穰(名古屋大学大学院情報学研究科教授)他2名

●『脳波信号情報を基に広告の見方・感じ方を評価する』
 川畑 秀明(名古屋大学大学院情報学研究科教授)他2名

●『自社Webサイトにおけるレコメンデーション効果の研究
  〜クチコミ情報の正負比率と事前のブランド選択行動の有無の視点から〜【継続研究】』
  久保田進彦(青山学院大学経営学部マーケティング学科教授)他1名


<大学院生の部>
●『製品カテゴリーの社会的形成におけるラベルとコミュニケーションの役割
                       〜渋谷系音楽を事例として〜』
  朝岡 孝平(一橋大学大学院商学研究科博士後期課程)

●『価値転換と市場創造
   〜「結婚情報サービス業界」のイメージ転換に関する経済社会学的研究〜』
  織田由美子(一橋大学大学院商学研究科博士後期課程)

●『クロスメディア環境下におけるオンラインビデオ広告の効果』
  渋瀬 雅彦(法政大学大学院経営学研究科博士後期課程)

●『サービス・リカバリーの経験がフロントライン従業員自身に及ぼす影響』 
  武谷 慧悟(早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程)

●『エスニックフードの受容におけるフード・ネオフォビア緩和のための探索的研究』
  地頭所里紗(神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程)

●『2016年参議院選挙におけるビジュアル・フレーミング
     〜候補者がソーシャルメディアを通じて発信する写真を分析対象として〜』
  横山 智哉(一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程)

                             (50音順 敬称略)