公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 Yoshida Hideo Memorial Foundation

お知らせ(財団)



2018/07/01研究助成
『平成2017年度助成研究集(要旨)』を発行しました
当財団は、このたび昨年度の助成成果をまとめた
『平成27年度(第49次)助成研究集(要旨)』
を発行しました。
本誌に収載されている研究テーマや研究者は下記のとおりです。


<常勤研究者の部>
●『店舗内における今日の購買意思決定プロセス〜モバイルの利用に着目して〜』
赤松直樹(千葉商科大学 政策情報学部助教)他1名

●『ソーシャルマーケティングによる移植医療の課題解決〜臓器提供意思表示率の向上〜【継続研究】』
  瓜生原葉子(同志社大学商学部准教授)他1名

●『時間軸とThird Partyを組み込んだブランド・インキュベータ・コミュニケーション
・モデルの構築と分析【継続研究】』
  鈴木和宏(小樽商科大学商学部准教授)他4名

●『マーケティング・コミュニケーションのビッグデータ分析による新市場創造戦略【継続研究】』
  西本章宏(関西学院大学商学部准教授)他1名

●『集計マクロレベル情報とミクロレベルデータを融合した広告効果推定法の開発と応用』
  星野崇宏(慶應義塾大学経済学部経済学科教授) 他5名


<大学院生の部>
●『エコプロダクト広告の受容に対する新聞記事の効果』
  奥村 孝(筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士後期課程)

●『倍音の力に着目した音楽のクロスモーダル効果に関する研究』
  西井真祐子(早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程)

●『食品スーパーにおけるチラシ広告がストア・ロイヤルティに及ぼす影響』
  山中寛子(学習院大学大学院経営学研究科博士後期課程)

                         (50音順 敬称略)