公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 Yoshida Hideo Memorial Foundation

お知らせ(財団)



2019/07/06研究助成
2018年度(第52次)助成研究集(要旨)を発行しました
当財団は、このたび昨年度の助成成果をまとめた
『2018年度(第52次)助成研究集(要旨)』
を発行しました。
本誌に収載されている研究テーマや研究者は下記のとおりです。

<常勤研究者の部>
●『観光地アメニティから見た外客パーソントリップと
      マーケティング・コミュニケーション』【継続研究】
  大津正和(同志社女子大学現代社会学部教授)他3名

●『死への恐怖とブランド選好に関する研究』【継続研究】
  岡崎伸太郎(キングス・カレッジ・ロンドン
        経営ビジネス学部マーケティング学科教授)他3名

●『人々はなぜクラウド・ファンディングをするのか』
  片桐恵子(神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)

●『慈善活動とリンクさせたオンライン・プラットフォームによる
                マーケティング手法の評価』【継続研究】
  亀井憲樹(ダラム大学 経済・ファイナンス学科准教授)

●『自然言語処理によるキャッチコピー自動生成の評価に関する研究』【継続研究】
  狩野芳伸(静岡大学学術院情報学領域行動情報学系列准教授)

●『擬人化エージェントのデザイン変容による印象評価と広告への適用』
  坂本和子(豊橋技術科学大学工学部総合教育院教授)他3名

●『オムニチャネル時代における消費者の行動類型を踏まえた
             コミュニケーション戦略の在り方』【継続研究】
  太宰潮(福岡大学商学部准教授)他9名

<大学院生の部>
●『広告の色彩が与える時間印象〜定量手法を用いた探索的研究〜』
  磯田友里子(早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程)

●『パッケージ・デザインが消費者の製品購買後の行動に及ぼす影響
    〜食品の提供量と提供形態の異なるパッケージから
               消費者はどのように摂食するのか?』
  河塚悠(慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程後期)

●『メディア都市の復興
        〜広島の<平和都市>化を主題とする歴史社会学的研究〜』
  仙波希望(東京外国語大学大学院 総合国際学研究科 博士後期課程)

●『「消費者志向」の歴史社会学
    〜日本小売業界における経営学的知識の普及過程分析〜』【継続研究】
  林凌(東京大学大学院 学際情報学府研究科 博士後期課程)

                             (50音順 敬称略)