公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団
3分野の人気教授による特別講義&トークセッション

広告の学校

広告アーカイブからクリエイティブ思考を発見する! こう見ると広告はもっと面白い!

広告を通じて、人間・社会・歴史を捉えなおす。そしてクリエイティビティの本質に迫る。

「広告は社会共通の文化資源である。」そうした視点から(公財)吉田秀雄記念事業財団では、広告アーカイブシステム「デジハブ(※)」を開発・運用し、様々な分野の研究者および一般の方々に公開しています。
今回、3分野の人気教授が、その「デジハブ」に収蔵されている広告作品を活用し、広告コミュニケーション&マーケティングと接する学際的なテーマで特別講義を行い、新しい視座を提示します。ぜひご参加ください。

岡室 美奈子
文化史的視点

パロディ広告と桃太郎の文化史

岡室 美奈子

早稲田大学 演劇博物館館長
同大学文学学術院教授

2018年10月15日(月)
16:00~17:40

Key Word
桃太郎とは何か?
パロディCMから
日本文化の深層へ
参加申し込みはこちら
吉見 俊哉
都市・メディア論的視点

東京タワーとモンスター

吉見 俊哉

東京大学大学院情報学環・
学際情報学府教授

2018年10月15日(月)
18:00~19:40

Key Word
広告に見る戦後
東京の光と闇
参加申し込みはこちら
佐藤 達郎
クリエイティブ・マーケティング的視点

広告の
クリエイティビティ
には、理由ワケがある。
〜アサヒスーパードライの奇跡〜

佐藤 達郎

多摩美術大学
美術学部教授

2018年10月19日(金)
18:00~19:40

Key Word
BTA分析
Behind The Advertising
参加申し込みはこちら
※ 複数の講義を希望される場合は、講義別にお申し込みください。

開催概要

開催日:
2018年10月15日(月)、19日(金)
参加費:
無料
定員:
60名 (先着順)
会場:
アドミュージアム東京
アクセスはコチラ▶ http://www.admt.jp/access/
主催:
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団
お問合せ:
school@yhmf.jp
アドミュージアム東京

〒105‐7090
東京都港区東新橋1-8-2
カレッタ汐留 B1・B2F
TEL : 03-6218-2500
URL : http://www.admt.jp/

※「デジハブ」とは?

「アドミュージアム東京」が収蔵する広告作品約30万点のデジタルアーカイブシステムです。「デジタルデータのハブになる。」という意味をこめ、「デジハブ」と名付けました。
江戸時代の錦絵から最新CMに至るまで様々な広告作品を「アドミュージアム東京」内のタブレット端末で検索・閲覧できます。

公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団